大人の時間割帳(日付なし)1冊

●表紙:セビロ-FS(イタリア製ファンシーペーパー)シルバー箔押し文字
●中綴じシルバー針金製本
●本文:淡クリームキンマリ(筆記性に優れたクリーム色の上質紙) 時間割枠と5mm方眼は薄いグレー
●時間割枠のみで日付は自由記入式
●時間割枠が見開きで23枠
●最初と最後のページは方眼
●1冊あたり:高さ21cm×幅15cm×厚さ3mm、重さ75gで軽い

こちらが最初に、Makuakeでクラウドファンディングをして製品化された大人の時間割帳です。
私は時間の管理が苦手で、市販のスケジュール帳を年末のうちに3冊挫折しました。
どの手帳も「もう少しこうだったら使いやすいのに…」という部分があって、仕方がないので自分が思ったようなフォーマットをA5サイズの5mm方眼ノートに線を引いて自作手帳にしました。
それが本当に使いやすくて、おかげでこつこつ創作できるようになって、念願のハンドメイドイベントに出展もできました。

もう一生この手帳を使うだろうと確信するくらい気に入りましたが、今後一生、毎週毎週、時間割の線を引くのかと思うとちょっと面倒になってきました。
印刷製本屋さんに、売り物レベルのきれいなのを作ってもらいたい。
その時に(1冊あたりが高くなることを気にしなければ)、紙が何でもよければ50冊から作れる、自分の好きな紙がよければ300冊から作れるということがわかりました。
紙を選びたいけど、1年が4分冊の手帳なのに、300冊って75年分ですよ。
大人で75年分ってきついですよね。

私、紙を求めて福岡から銀座まで行ったんです。
紙が好きでたまらない私からしたら、せっかく作るんだったら自分の好きな紙にしたい。

紙だけ注文して自分でホッチキスで綴じた試作品を友達に見せたら「これを製品化してほしい!絶対に買う!」と言われて、他の人もいいと思うんだと衝撃でした。
私はこの手帳を使って生活が変わったので、同じく時間の管理が苦手で困っている人にも使ってもらえたら、その人の生活も変わるかも…。
その時、何かで目にした「クラウドファンディング」を思い出して、「そうだ!むしろほしい人が75人集まったら1年分として作れる!」と気づきました。

当時2016年の年末はまだ「クラウドファンディング」という言葉の意味を説明できる人が10人に1人くらいの認知度でした。
人にお知らせを送る際もまず、クラウドファンディングとは何かから説明しないといけないと、本やサイトで注意書きがされているくらいでした。

当時、クラウドファンディングのサイトに登録して、支援している人は、経済的に余裕があり、知的で情報も早く、好奇心の強い大人の男性がメインのお客さまだったと思います。
普通に手に入らないような、上質でデザインの優れたものにしないと響かないと思いました。

紙を求めて福岡から銀座まで探しに行って、このイタリア製の紙、セビロ-FSを見つけました。
私が紺色が好きだから、この紙の手触りもデザインも大好きだからというのもあるのですが、この、イタリア製の上質なスーツのような紙が、大人の時間割帳にぴったりだと思いました。
大人の男性が、こういう手帳を持っていたらかっこいいですよね!という私の好みもあります(結局自分の好み(笑))

しかもこのセビロ-FS、合わない服がないんじゃないかなと思うんです。
休日に、Tシャツにジーンズで持っていてもかっこいいんですよ。
私みたいに、黒いレースとかフリルがついた服を着る人にも合います。
撮影の時に、セーラー服を着た中学生にモデルさんになってもらいましたが、かわいい!
学生さんがバス停のベンチに座ってこの手帳を確認していたら、賢そうに見えます。
たぶん、着物を着て持っても合うのではないでしょうか。

¥ 918

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト・レターパックなど

    全国一律 300円

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価