原稿用紙ノート 5冊セット

●表紙:色上質紙 最厚口 あじさい
●本文:淡クリームキンマリ 24ページ(薄いノートです)
●L字型の原稿罫 グレー印刷(枠は縦5mm×横4mmです。方眼用紙としてはお使いいただけません)
●A5サイズ
●1ページあたり 縦30文字 横20文字
●片側600文字 見開き1200文字詰

これはどうしても自分がほしくて作ったノートです。
私は作家志望で、自分の執筆用に、理想のノートを考えています。
ずっと座ってパソコンをしていると、目も腰も痛いので、時には寝転びながら書けないかな~なんて思っています。
その実験用に作りました。

文章も、パソコン入力に比べて手書きは、自分の思っていることをより直接、文字にできる気がします。

A5サイズほどで200ページくらいの本1冊は、だいたい400字詰め原稿用紙300枚くらいだそうです。
そうすると見開きで1200文字。

私は手書きをする時に、印刷の文字に近い大きさで書きたいのです。
そっちの方が、本になった時のイメージがつかみやすいですし。
それに、大きなマスの原稿用紙に大きな文字を書くよりも、小さなマスに書いた方が手をあまり動かさなくていいのでつかれず早く書けるんじゃないかなと思います。

最初は普通に原稿用紙のマスにしようと思いました。
でも原稿用紙って、デザインとしてはかわいいんですけど、なんか「ちゃんと書かなくては」みたいな感じがしてしまうんですよね。
「圧がない原稿用紙」にしたいと思って、「線を減らして、原稿用紙としてギリギリ成立するライン」を探りました。
線1本では、途切れ途切れの、罫線です。
線を2本にすると、タイルのような柄が浮かび、余白が原稿用紙のルビの部分に見えるということに気づきました。

5mm方眼用紙との違いは、マスの縦横比です。
行の間が少し空いて読みやすくなるようにしています。

単行本1冊が約100見開きだとすると、このノートは1冊11見開きです。
ノート1冊を1章として、ノート10冊書けば本1冊になると思ってページ数を決めました。
少し多いページは、もし書き直したいと思った時に、消しゴムで消さずに違うページを使えるようにしています。
また上下や左右の余白も、校正などにお使いいただけます。

今回は試作品なのでお試しでお使いいただけるよう、またご用意した冊数が少ないので、予定の半分の5冊セットでの販売をいたします。

表紙の紙が薄いのは、全部書いた時に、糊で貼り合わせて、連結して1冊にする、などという使い方もできるかなと思ったからです。
そのため、本の作風を選ばず、明るさもある色を選びました。

出先で原稿を書きたい時にも、このノートをカバンの隙間に入れておけば、重いノートパソコンを持ち歩かなくていいかなと思います。
ラフな原稿罫にしているので、カフェなどでざくざく書いて、家でパソコンに入力すれば、パソコンの画面を見つめる時間も減って目にも優しいです。

見開き1200文字原稿用紙なので、論文を書く方や、作文や小論文の練習にもいいと思います。
10文字ごとに数が入っているので、何文字書いたか数えやすいです。

私用の試作品のため、表紙の印刷はありません。
本文ももう少し濃くてもよかったかなという感じです。
今回は試作品価格となっております。
私と一緒に、一般販売前の原稿用紙ノートを試してみませんか?

うさぎの便利グッズ屋の製品やアイディアの無断複製、コピー商品の製作は許可しておりません。

¥ 600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト・レターパックなど

    全国一律 300円

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価